商品案内

企業経営

朝日新聞デジタル
  1.  国内の新型コロナウイルス感染者が5万人を超えた。8月に入り、感染確認が1500人を超える日もあるなど、増加ペースが高止まりしている。無症状や軽症の陽性者が多数確認され、重症化や感染の拡大を防ぐために、隔離する施設の確保が課題になっている。

     全国で感染者が増えている背景には、PCR検査の拡充がある。3~4月の「第1波」の流行時には全国で検査を受けられない人が続出。民間の検査機関を活用したり、保健所を通さず検査を受けられる「PCRセンター」を設置したりして、目詰まりが解消されてきた。

     厚生労働省によると、4~5月に検査の実施が1万件を超えたのは3日間だけだったが、7月以降、8月9日までの間では21日間に上る。多い日には4万件に迫り、感染確認の数を押し上げている。

     濃厚接触者への検査を積極的に実施し、無症状や軽症の陽性者が多数判明。結果、ホテルなどの宿泊施設や自宅での療養が全国で急増している。厚労省のまとめでは、8月5日時点で、2週間前と比べ、宿泊施設療養者は2・4倍の1660人に増加。22都道府県で増えており、特に福岡県では15倍に急増している。

     自宅療養者も、愛知県で1千人以上、沖縄県で280人以上と、20都道府県で増えている。感染者の急増を受け、厚労省は7日、自宅療養の条件を緩和。自治体が宿泊施設を確保できない場合は、軽症者や無症状者の自宅療養を認める方針を示した。

     感染者の急増は、深刻な事態を招いている。

     8月に入り、人口10万人あた…

    2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

    Let's block ads! (Why?)

  2.  大阪府は11日、府内の3カ所の高齢者施設で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した可能性があると発表した。

     同日感染が確認された102人の中には、大阪市、豊中市、松原市の3市内の高齢者施設の職員や利用者ら計12人が含まれていた。これまでの発表で感染経路が不明だとされていた人のうち、この3施設の関係者だと新たに判明した人も合わせると、感染者は大阪市の施設で12人、豊中市の施設で5人、松原市の施設で7人になったという。

     また、クラスターの発生がすでに明らかになっている大阪府池田市の高齢者施設で11日、14人の感染が新たに判明し、計27人となった。

    Let's block ads! (Why?)

  3.  日本航空のジャンボ機が群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に墜落してから、12日で35年を迎える。尾根に続く登山道は、昨年10月の台風19号による土砂崩れなどで一部が寸断され、今も爪痕が残っている。

     新型コロナウイルスの影響もあり、慰霊登山を控える遺族が多い今年の夏。現地はいまどうなっているのか。今月8日に記者が歩き、尾根のいまの姿を写した。

    登山口 幾重にも積み重ねられた土囊

    拡大する写真・図版斜面の崩落から登山者を守るため、土囊が高く積まれている登山口=2020年8月8日午後2時22分、群馬県上野村、森岡航平撮影

     登山道と尾根に続く村道の復旧工事は5月上旬から本格的に始まった。登山口に向かう道路も通行止めになり、7月19日までの約2カ月以上は尾根に登れない状態が続いていた。

     標高約1400メートルにある登山口手前の駐車場では、1メートルほどの土囊(どのう)が山の斜面に向かって幾重にも積み上げられていた。元々は鉄筋コンクリートで補強されていたが、台風で高さ約50メートル、横約20メートルで斜面が崩れた。その後も断続的に続いている落石や土砂流出から登山者や車両を守る目的がある。

     入り口の案内板は土砂にのみ込まれた。登山用の杖置き場も無残に土砂をかぶったが、今は修復され元の場所に戻されている。

    沢沿いの登山道 1メートルの岩や倒木がいまも

    拡大する写真・図版台風で道が崩落し、仮設の足場が設けられている登山道=2020年8月8日午後3時43分、群馬県上野村、森岡航平撮影

     登山口から500メートルほど…

    2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

    Let's block ads! (Why?)